ブログ

導入事例(ミズノテクニクス株式会社様)

品質レベルの向上、コストダウン、そして多品種小ロットへの対応ミズノランバードが戦略的に導入した「CM44CNプラス」とは?(フットウェアプレス 2008年2月号より)

社名:ミズノテクニクス株式会社 山崎ランバード工場

住所:兵庫県宍栗郡

導入機械:COMELZ CM44+

対象裁断物:ランニングシューズ,ウォーキングシューズ、スニーカーの製造に関わる皮革材,メッシュ材,スポンジ等

05_導入事例_ランバード

 

(注)NOVO株式会社は、株式会社オオタニよりCAD/CAM事業を継承しています。本文中の社名等は取材当時のものです。

 伊・コメルツ社製のCAD/CAMシステムが3年前に日本に登場した。「2ヘッドによる高速裁断という画期的機能の自動裁断機」といえば、ご存知の方もいるのではないだろうか。販売と技術指導を行っているのは大阪市生野区にあるオオタニ。

近年、多くのメーカーが大胆な設備投資を行えない状況にある靴・バッグ業界において、同システムは極めて異例ともいえるスピードでそのシェアを広げてきている。コメルツ社のシステムがメーカーを惹きつける要因は一体何なのだろうか?

その答えを探るべく、昨年発表された新型のCAM「CM44CNプラス」をいち早く導入したスポーツメーカーミズノの直営工場であるミズノランバードを訪問した。

■多品種小ロットの流れに必要不可欠なCAM

ミズノランバードは、主にランニングシューズや、ウォーキングシューズを製造するミズノの直営工場である。アスリートのランニングシューズを始め、サイズ・ウイズオーダーのウォーキングシューズなど、高いクオリティが要求される商品を中心に生産を同社が一手に引き受けている。

同社は昨年4月にコメルツ社のCAMを導入した。「裁断は基本的に外部に依頼していますが、CAMの導入は品質向上、作業の効率化、コストダウンなどのメリットがあり、多品種小ロットという市場の動きに対応するための強力なサポートになると感じました」と語るのは副工場長の猪尾春樹さん。また、「高品質の商品提供で、各世代のライフスタイルに柔軟に対応し、ロイヤルカスタマー経営を実践するというコンセプトに、この機会は間違いなくマッチすると思いました」と導入の決め手について話す。

 

■技術力向上の重要な役割として有効活用

現在は、品番に応じて抜型による裁断とCAMによる裁断とを使い分けて使用、裁断する素材は革を中心にメッシュ、スポンジなど様々、作業は通常1~2人で行う。「本格稼動するようになってからは、手書きよりも正確に銀ペンによる縫製ゲージが書けることや、抜型を管理する苦労から解消されること、歩留まりの良さなど、効果が細かく表れてきていますが、最も重要なポイントとして、靴のサイズに応じた正確な裁断ができるため仕上がりレベルが非常に高いことが挙げられます。さらに抜型のコストを気にせず何度でも微調整が可能で、メーカーにとっての生命線である技術力向上のための重要な役割を担っています」(猪尾さん)。

コメルツ社の基本理念は、職人やモデリストにとっての使いやすさの追求。初期段階でも円滑に動かせる使い勝手の良さが同システムにはあるが、スムーズに作業できるまでの間は販売元のオオタニによる熱心な技術指導があったという。「今でも定期的に作業状況の確認に訪れてくれます。その際はちょっとした不具合や、疑問など率直な意見を投げかけるようにします。そこからオオタニのスタッフが当社にあったカスタマイズを提案してくれることで、ようやく色々な方向性が見えてきた段階です」高性能な機械のノウハウを吸収し、自社に適した仕様へと改善するための意見交換は欠かせないようである。

 

■懐の深い設計のCAM、スキルアップで新たな可能性が生まれる

実はミズノランバードで使用しているCAD(コンピューター設計システム)はコメルツ社製とは異なる他社製品になる。互換性を考慮し、CAD/CAMはセットで導入する場合が多いが、“どんなCADにもフィットするCAM”というコメルツ社の懐の深いコンセプトがそれを可能にしている。心配される不具合については、「問題は全くありません。データ変換も容易で、試作段階での抜型も不要になり、有効活用できています」とは、試作開発室の中村勉さん。

最後に猪尾さんは「自動裁断機は5~10年先のファッションの変化にも十分対応できます。また、大量生産にも適応できる可能性も見えてきました」とスキルアップで見えてきたCAMの伸びしろを評価した。ミズノグループとしては、靴以外にグラブの製造工場においても同CAMを導入しており、こうした動きがコメルツ社のコンセプトや機能の優秀さに共感していることを証明している。

05_導入事例_ランバード01

細かいパーツは、精度の高い裁断が求められる

05_導入事例_ランバード02

試作開発室。サンプル製作においてもコメルツのCAMは大活躍!

05_導入事例_ランバード03

兵庫県宍粟市にあるミズノランバード工場

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る